オンラインサロンのマーケティングを解説!おすすめの手法とは

近年、なにかと話題の「オンラインサロン」。

芸能人やインフルエンサーなど、多くの有名人著名人が開設しています。

コロナによってデジタル化やオンライン化が進んだ現在、オンラインサロンに興味を持つユーザーは多いです。

そのためオンラインサロンは、マーケティングにおいても重要な役割を持つようになってきました

この記事ではオンラインサロンとはどのようなものか、具体的にどのような手法を用いるか、など、オンラインサロンのマーケティングについて解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

オンラインサロンの概要

オンラインサロンとは、インターネット上で開設される会員制のコミュニティです。

多くのオンラインサロンは月額制を採用していて、有料オンラインサロンの場合、会員はオンラインサロンに加入するためにお金を払います。

オンラインサロンはサロンを主催しているオーナーと加入した会員のみ参加できるため、非常にクローズドなコミュニティです。

外部の人間が参加しないため、オーナーや会員同士で密なコミュニケーションを取ることができ、仲間意識が生まれやすいことが特徴として挙げられます。

また、誹謗中傷が少なく荒れにくい点もポイントです。

登壇者に魅力がなければマーケティングが成功しない

Laptop with headphones on white desk
オンラインサロンには、大きく分けて「オーナーの投稿」と「会員同士の交流」の2つのタイプがあります。

どちらのタイプのオンラインサロンにおいても、登壇者に魅力がなければマーケティングとして成功しません。

ここでいう「成功」とは、オンラインサロンに多くの人を集客することです。

デジタル化が進む今、世の中には数多くのオンラインサロンがあります。

さらにオンラインサロンに限らず、コミュニティサイトやチャットスペースなど多くの競合他社が存在している状態です

そんな中で自社のオンラインサロンを選んでもらうには、人を引き付ける何かがあることが重要です。

オンラインサロンは、サロンを主催しているオーナーに共感・共鳴することで会員がサロンに加入します。

そのため登壇者に魅力があることは、オンラインサロンマーケティング成功のために、必ず押さえておくべきポイントです。

オンラインサロンのマーケティング手法

教師
オンラインサロンにおいて、登壇者の魅力は重要な要素であることを説明しました。

そのため「著名人や有名人でなければ集客できないのでは」と心配になったかもしれません。

確かに既に有名な人であれば集客は有利ですが、必ずしも集客力と知名度は一致するわけではないのです

知名度に関係なく、一定数の集客に成功しているオンラインサロンは数多くあります。

その多くに共通する点は「露出度が高い」ことです。魅力的なオンラインサロンを開設し、それをできるだけ多くの人に知ってもらう、そんなマーケティング手法をいくつか紹介します。

SNS

オンラインサロンの集客で、最もポピュラーな手法がSNSの活用です。

InstagramやLINEなど無料で利用できるものが多いにも関わらず、効率的にSNSを活用することで多くの人にオンラインサロンの認知を広げられます。

SNSの具体的な活用方法は以下の通りです。

  1. SNSのフォロワーを増やす
  2. フォロワーに向けて有益な情報を提供する
  3. オンラインサロンの案内

SNSを活用する場合、有益な情報を定期的に発信し続けることが重要です。

そうすることで、オンラインサロンに入ることで得られる価値をユーザーが認識しやすくなります。

世の中には数多くのSNSがありますが、運営するオンラインサイトに合ったものを選択するとより良いマーケティング施策が打ち出せます


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


ウェビナー

ウェビナーとは、インターネット上で開催されるセミナーです。

実際の会場に行く必要がないため、開催者・参加者双方にとって負担が少ないことが特徴です

セミナーであるためオンラインサロンの雰囲気を知ってもらいやすく、登壇者の魅力を伝えやすい点もメリットとして挙げられます。

ウェビナーを活用すれば、多くのインターネットユーザーにオンラインサロンのマーケティングを仕掛けられます。

実際の会場を用いたセミナーも有効な手段ですが、より気軽に多くの人にオンラインサロンを発信したい場合、ウェビナーの活用がおすすめです。

ホームページ

オンラインサロンの集客において、信頼性の高さは必要不可欠な要素です。

オンラインサロンを装った詐欺も増えている中で「お金を払っても安全なのか」と心配するユーザーも多くいます。

信頼性の獲得にあたり、ホームページの存在は大きいです。ホームページがありその内容がしっかりとしていること、オンラインサロンの概要を知れることは、ユーザーにとって安心材料となります。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索結果に「広告」や「PR」として表示されるものです。

ユーザーが検索したワードと連動させた広告が打ち出せます。

オンラインサロンと関連性のある効果的なキーワードを選定することで、オンラインサロンへユーザーを誘導することが可能です。

検索ワードに興味があるユーザーに対してアプローチをかけられるため、オンラインサロンへの高い集客効果も見込めます。

登壇者のブランディングを向上する方法

登壇者に魅力があってこそ、オンラインサロンはマーケティングとして成功することを先述しました。

具体的にどのようなことを行えば登壇者が魅力的だと感じてもらえるのか、具体的なブランディングの方法を3つのステップに分けて解説します。

①状況を把握する

まずは、オンラインサロンと登壇者、さらにはターゲットとなるユーザー像について把握します。

オンラインサロンのコンセプトと目的を明確にし、それに対して登壇者がどのような魅力を発揮できるか明確にすることで、オンラインサロンと登壇者のイメージの乖離を防ぐことが可能です。

乖離がなくなると、登壇者のブランディングによっておのずとオンラインサロンへの集客へと繋がります

さらにそれらの情報から、ターゲットとなるユーザーや競合のオンラインサロンについて特定していきます。

これらはオンラインサロン、ひいてはブランディングの主軸となるため徹底的に行うことがおすすめです。

②ブランドの構築

把握した状況を踏まえ、オンラインサロン登壇者のブランドを構築します。

登壇者がユーザーにどのように認識されれば良いか、どんな印象を持ってもらいたいのか、具体的に設定します。

例えば「SNSマーケティングに詳しいフリーランスWebマーケター」とブランディングできれば、他のマーケターと差別化を図ることが可能です。

こうすることで、オンラインサロンの登壇者がどのような価値を提供するのか、ユーザーがイメージしやすくなるのです。

また、オンラインサロンに加入することでユーザーが得られるメリットも、設定しておくと良いでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


③ブランドを拡散する

構築したブランドを拡散していきます。

SNSや口コミ、サロン開催など、ターゲットとなるユーザーに適した拡散方法を選択することが重要です。

さらに登壇者の魅力や専門性について、誇張なしで分かりやすく発信します。

この際、文章だけでなく動画や画像を用いるのも効果的です

ブランディングで重要なことは、有益な情報を継続的に提供することです。

登壇者は有益な情報を継続的に提供し、自身にしか提供できない価値を広く知らせます。

ブランディングには時間がかかります。

中長期的な目標を設定し、コツコツとブランドを固めていくことがポイントです

まとめ

オンラインサロンとは、インターネット上で開催されるコミュニティです。

会員制のため、オンラインサロン開催者と会員がクローズドな空間の中、密に交流できます。

オンラインサロンのマーケティングでは、登壇者が魅力的であれば成功する可能性が高ます。

ブレのないブランディングを行うことが、成功の鍵です。

またSNSやリグティング広告など、オンラインサロンと合った集客方法を選択することもポイントとなっています。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事