「集客」の類語を解説!正しく使い分けるメリットとは

企業経営やマーケティングを行う際に必ずと言っていいほど「集客」という言葉を目にするでしょう。

しかし、「集客」と同じような言葉は多くあり、状況や用途に応じて的確な表現が異なります

そのため、今回はそんな「集客」という言葉の意味や似たような言葉について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

まずは集客の意味を正しく理解する

そもそも「集客」という言葉の意味は、ビジネスにおいて企業または店舗が売上を伸ばす為に来店やWEBサイトへの訪問数を増やす事を指ます。

自社の商品やサービスを認知していない消費者に対して認知してもらえるように宣伝をしたり、既に認知している人に対してより魅力に感じさせ、商品の購入やサービスの成約に繋げる為にさまざまな手法を活用します。

「集客」という言葉が使われる場面

「集客」という言葉は主にビジネスの場で用いられる言葉ですが、「集客」という言葉は基本的には売上を伸ばしたい企業ではなく、売上を伸ばす為に協力をする企業が利用します。

売上を伸ばしたい企業は主に「売上を伸ばしたい」や「もっとお客さんを獲得したい」と訴えることが多く、「集客を伸ばしたい」と訴える方はあまりいません。

そのため、「集客」という言葉の主な使われ方は、売上を伸ばしたい企業に対して営業をかける企業が「集客を獲得して売上を伸ばしませんか?」と使われることがほとんどなのです。

「集客」という言葉の注意点

「集客」という言葉は人によって意味合いが少し異なるケースがあります。

基本的には集客は売上を伸ばす為に人を集めることを指し、売上を増やす事とは少し意味合いが変わってきます。

しかし、企業や店舗によって売上を確実に伸ばす事を集客と考えている人もいるので、マーケティングやコンサルティングなどの集客に関する営業活動を行う際には認識の違いによるトラブルには要注意です。

「集客」の類語と意味を解説

ビジネスの際には集客と似たような言葉が多く使われており、中にはどの言葉同じ意味のように使用している方もいらっしゃいます。

しかし、似たような意味でも状況や使い方によって少し違う意味にもなってしまい、認識の相違を生んでしまうこともあるのです。

そのため、「集客」と似たような意味を持ち、間違われやすい類語をいくつかご紹介していきます。

マーケティング

「マーケティング」とは、最も「集客」と同じような意味で認識されている言葉ですが、実際にはその意味は異なります。

マーケティングとは、集客と同様に起業や店舗の売上を伸ばす為に行う手法ですが、市場や他社、消費者のニーズの調査や分析を実施し、他社と差別化を図ったり消費者のニーズに応えるにはどのような商品やサービスを開発するべきか、どのように宣伝をするべきかの対策を練り、実施することを指します。

そのため、「集客」は既にある商品やサービスを消費者に広く認知してもらったり、購入や成約に繋げる為の情報発信を行うことであり、「マーケティング」は、商品やサービスの開発も含めて効果的に対策を実施することを指します。

その他の「集客」の類義とは

先ほどご紹介した「マーケティング」の他にも集客と似たような意味で使用されている言葉はいくつもあります。

主な集客の類義語とされているのは次のような言葉があります。

よく使われる集客の類義語
  • 客集め
  • 呼び込み
  • 動員
  • 客引き

これらは「集客」や「マーケティング」とは意味が異なり、売上の為に人を集めることそのものを意味して使われます。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


集客の類語を覚えておくメリット

MERIT
「集客」の類義語についてご紹介しましたが、中には「どれも同じような意味だし、相手に伝われば良い」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これらの類義語を覚えておくことでいくつかのメリットを得られることも事実なのです。

それでは、そのメリットについて解説していきます。

意図を正しく伝えることができる

先ほど記述したように、「集客」という言葉だけを見ても人によって捉え方や認識が異なり、時にはトラブルに繋がってしまうケースもあります。

特にいくつかの似たような言葉を使用する際にはこちらと相手によって認識の違いが起こりやすくなってしまうのです。

ビジネスにおいて認識の違いによるトラブルが起こってしまうと、企業間での信頼度にも影響が出てしまい、時には契約や取引が無くなってしまうということも起こり得ます。

そのため、1つ1つの言葉の意味を正しく理解し、その意味を相手に明確に伝えることで余計なトラブルを回避することができ、スムーズにコミュニケーションを取ることができるのです。

マーケティングに関する知識がアピールできる

企業に対してマーケティングやコンサルティングを行う際には、プロとしての知識があると感じさせることで、高い信頼を獲得することができます。

そのため、いかに似ている言葉でも1つ1つの言葉をしっかりと理解して状況によって使い分けることで、顧客に対して安心感や信頼を与えられるのです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


正しい意味で使われているのか確かめる方法


「集客」という言葉は時に間違った使い方がされていたり、わかりにくい表現がされてしまうことがあります。

そんな時に、「集客」という言葉を正しく使われているのかを確認する方法についてご紹介します。

辞書で調べる

一番早く正確な方法は辞書で調べるという方法です。

最近では本などの辞書だけでなく、「電子辞書」が多く活用されていることで、正しい使い方を確認することができます。

文章で検索する

インターネットで文章そのものを検索する方法です。

多くの情報が飛び交っており、インターネット上に情報が溢れているため、同じように「集客」という言葉を使用しているWEBサイトが多くあります。

そのため、自身で考えている文章をそのままインターネットで検索をして、同じような言い回しをしている場合はそのまま使用すれば問題ないでしょう。

文章チェックツールを活用する

現在では、インターネット上で文章や言葉が正しく使用できているかを調べることができるツールが多く公開されています。

今回はその中でも無料で活用できるツールをいくつかご紹介しておきます。

【日本語文章校正チェックサービス】
https://opendata-web.site/tool/kousei/

【文章校正ツール so-zou.jp】
https://so-zou.jp/web-app/text/proofreading/

【プルーフ】
https://pruv.jp/

【ENNO(エンノ)】
https://enno.jp/

まとめ

「集客」と似たような言葉は多く存在しており、時に使い方によって認識の相違を生んでしまう可能性があります。

そのため、相手に対して的確に物事を伝える為には1つ1つの言葉の意味をしっかりと理解しておく必要があります。

また、「このくらいわかるだろう」などと自分本位の伝え方をしてしまうと、時にトラブルに繋がってしまうこともあるので、相手が確実に理解できるように丁寧に伝えすぎるくらいがちょうどいいと認識しておくと良いでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説